【フィリピン人の雇用】初めての外国人雇用、エンジニアを招聘するには?

VOAより引用

7月1日、フィリピンに新しい大統領が誕生しました。

前任のドゥテルテ大統領はキャラが濃い方でしたので、ドゥテルテ氏の引退は、個人的には残念でした。

しかし。

新しいマルコス大統領も、上の写真を見る限りいろいろな意味で濃い感じ。

これからも話題には事欠かなそうな、フィリピンです。

エンジニアを雇用したい

先日、「新事業のため、まとまった数のITエンジニアを雇用したい」とのご相談がありました。

フィリピン人材の場合、他国と比べて手続きや注意点が多いので、その旨ご説明した次第です。

エンジニア職、いろいろ

当社はPOLOとPOEAのお手続きを中心に、フィリピン人エンジニアの雇用を数多くサポートしてきました。

エンジニアと言っても、実際は職種が広範囲に分かれています。

建設のカテゴリーで言うと、現場で機械を操作するエンジニア、工事の図面を作成するエンジニア。

また工事の種類も、土木や橋梁など専門の違いがありました。

いわゆるIT業界では、アプリ/システム開発、業務改善などに職種が分かれます。珍しいところでは、ゲームの中で使用する音源を作るエンジニアもありました。

アプリ/システム開発でも、自社内で作業するのか客先に赴いて作業するのか、コードを書く人とディレクションができる人などの区別が必要でした。

工業分野では、プラントの設計、製品デザイン、精密機械の操作など、やはりそれぞれ異なる職種になります。

運輸では海運業での雇用が多いのですが、陸にいて船舶の運航全般を管理するポジションと、実際に乗船して業務をするポジションとで違いがありました。

日本の在留資格申請では、エンジニアは「技術」に該当するかを見るだけですが、フィリピン政府の観点では、雇用条件も細かく確認されます。

エンジニアと言っても、何が専門でどんなポジションでどんな業務を担当するのか?

いわゆる「ジョブディスクリプション」を細かく提示するところが、日本の審査と違う点だと思います。

人材選定までの流れ

当社では現地エージェントと提携がありますので、日本企業のご要望を確認、まずは現地に相談します。

雇用が固まってきたら、企業様とエージェントで人材送り出し契約をしていただきます。

次に企業様には、POLOとPOEAから認定を受けていただく必要があります。

雇用企業のフィリピン政府への認定登録が完了したうえで、エージェントが具体的な人材募集をかけることになります。

人材情報が集まったら、履歴書チェックからzoom面接なども経て、候補者を絞っていきます。

フィリピン人は、時間と手間がかかります

フィリピン人材はほぼ100%英語ができるので、職場に英語でやりとりできる方がいれば、日本語は不要かもしれません。

最低限の日本語能力がいる場合は、語学研修を受けさせることもできますが、3か月ほどの期間がかかります。

他国ですと、現地の送り出し費用は候補者本人が払うこともあるようです。

ところがフィリピンの場合は、費用はすべて日本企業がもつよう法律で決まっています。

そうすると、ベトナムやインドネシアなどの他国と比べ、実際の受け入れまでの時間と手間とお金は、余分にかかることになります。

これってフィリピン人材にとって明らかにマイナス要因ですが、それでもフィリピン人材をご希望される企業様が、次から次へと出てきます。

やはりフィリピン人と日本人は、基本的な相性が良いのかなと思う次第です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

 Scroll to top button